blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
摂食嚥下障害の基礎と社会的意義
今年の私にとって最重要強化ポイントは摂食嚥下障害への対応で、現在急ピッチで勉強しているところです。
そんな中、摂食嚥下障害への対応は社会的必要性から歯科医師会でも重点事業項目に挙げられ、今年度の国からの財政支援事業でも行われております。
その中で、先日京都府歯科医師会主催で大阪府でご開業の河合利彦先生を講師に研修会が行われ参加してまいりました。
河合先生は大阪大学をご卒業後、そのまま大阪大学に残られ摂食嚥下臨床をご専門に臨床・研究をされてこられました。
この講演では摂食嚥下に関する基礎編だったので、その基礎的な学術的内容もなることながら、社会的意義やその必要性についても聡明に講演され、私よりもはるかにお若いのにしっかりされており、つくづく感心しながら聞き入っておりました。
また偶然河合先生は以前、私が舘村先生の摂食嚥下障害に使う装置の作成実習に参加した際、私をご担当いただいたインストラクターでその時も大変丁寧に教えて下さったことを記憶しております。
この歯科医師会の研修は今年度内にまだ続きがありますので、続けて吸収し続けたいと思います。
| seiji0024 | 摂食嚥下 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
摂食嚥下の基礎を科学的に解き明かす
今年度、私は自分自身のスキルアップ重点テーマとして摂食嚥下障害について、積極的に勉強しています。
今までも摂食嚥下障害への対応は行っておりましたが、だんだん今までの自分の知識では立ち行かない重篤なケースこそ実は多く必要とされていることがわかり、この難関を克服することで地域医療に大きく貢献することができるからです。

今年様々なところで摂食嚥下の勉強をさせていただく中でも特に、元大阪大学歯学部准教授で現在は大阪府でご自身のスタディーグループを立ち上げられている舘村卓先生に1年間、この研修でお世話になることになりました。

そしてこの度、基礎編として初回の研修に行ってまいりました。
とにかく舘村先生のご講演は科学的な理論の裏付けがクリアで、豊富なデータのオンパレードでした。
特に基礎的な解剖生理学のメカニズムに対しての裏付けがすごくて、今まで学生時代に訳が解らないまま丸暗記していた筋肉がどんな意義があるのかもクリアになりました。

このシリーズはまだまだ続きますので、置いて行かれないようしっかり着いていこうと思います。
 
| seiji0024 | 摂食嚥下 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
摂食嚥下障害臨床の臨床を駆け足で学ぶ
林歯科診療所では開院以来、摂食嚥下困難な方に対しての治療やリハビリテーションを行ってきました。
しかし近年このニーズで特に重症患者さんのケースが増えてきました。
そんな中、今までの自分の知識だけでは太刀打ちできないことがとても思い知らされるようになってきました。

私はいつも各年度で強化テーマを決めていますが、臨床的な内容では今年度、摂食嚥下障害に対する対応力の強化をテーマに掲げ、集中的に勉強しております。
そんな中、最新の知見や技術を駆使して長年行われてきな摂食嚥下障害への対応とは一線を画した臨床をされている東京医科歯科大学准教授の戸原玄先生のセミナーに参加してまいりました。

ただ経験則で語られるだけでなく、最新のデータがオンパレードの内容で戸原先生の歯切れのよい説明についていくのがやっとでしたが、今までわからずやっていたこともクリアになってとても勉強になりました。

当分はまだまだこの摂食嚥下について集中的に勉強していきます。
| seiji0024 | 摂食嚥下 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ