blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 5月13日(土)診察時間変更のお知らせ | main | 5月18日(木)・19日(金)休診のお知らせ >>
安易な拡大では済まない子供の矯正治療

当院では以前から多くの小児の矯正治療を行っております。

元々私は自分から積極的に小児の矯正をご家族に積極的に勧めているわけではありません。

しかし明らかにここできちんと説明しておかないと、大きな問題を将来残してしまうと断言できるケースのみ、私から保護者の方に説明しております。

そんな対応でずっと小児の矯正治療を行ってきておりますので、当院では簡単なケースがほとんどなく、かなり難しいケースばかりになってしまいました。

そのため受け入れる私も必死で、さらに自分自身の実力を上げていかないといけないので常に研修は怠れない状況です。

そんな中、先日新潟県でご開業の関崎和夫先生の研修会に参加してまいりました。

 

関崎先生は長年、子供の矯正に携わられておられ、数多くの実績を残されております。

その中で時代の変遷によって小児の口腔の状況にも変化があり、現在では永久歯のサイズが大きくなってしまって萌出スペース不足になることが非常に増えたことを説明されました。

そんなご時世の中、最近では安易な拡大による矯正治療を行う歯科医師が増えてきて、それが結果としてただ歯を無理やり並べているだけで咀嚼器官としての機能や歯列・咬合の安定を全く考えていないようなケースも増えてきたことも危惧されておりました。関崎先生は少しでもシビアな条件での矯正治療を行う際、その歯科医師は少なくともスタンダードエッジワイズや抜歯矯正と呼ばれるオーソドックスな治療法はきちんと習得してから行うべきである、と我々に対して忠告されました。

 

しかし私が最も関崎先生の講義を受けて印象に残ったのが、写真記録の美しさと正確さです。たかが口腔内写真と思いがちですが、これは後々の貴重な診療記録になり、そのクオリティーが低いと後から非常に後悔させられます。

しかし関崎先生の口腔内写真は完全に規格化されており、いつの時代に撮影したものであっても全て同一条件という、口腔内写真としては最高の診療記録をすべてに行われており、これを何十年も続けられていることにはただただ感服させられました。

 

| seiji0024 | 矯正治療 | 12:57 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
林 誠司先生
スマホでネットをみていたら偶然このサイトにあたりました。大変勉強されていますね。矯正関連のブログを読み本当に感心しております。私は頼まれない限りめったに講演しない主義なので、私の講演まで拝聴されているようで、3月30日マウスピース矯正歯科研究会の西川儀則先生や大塚淳先生とコラボ講演した時でしょか? 私は三谷寧先生とは10年越しの古いお付き合いで、RAMPAセミナー講師の石田亮人先生や益子正範先生ともよく交流しております。本年、秋に開催されます三谷 寧先生主催の顎顔面育成研究会大会には第1回目から毎回参加しております。本年も参加予定ですので、もしご参加なら気楽にお声かけしてください。お会いできること楽しみにしております。
| 関崎和夫 | 2017/07/23 6:02 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/999
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ