blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 流行っている床矯正装置について再考する | main | 10月6日(木)休診のお知らせ >>
変わったニッケルチタンファイル

歯の神経の治療のことを根管治療と言います。この根管治療、ファイルと呼ばれる金属製のやすりで神経の管の壁を掃除しながら削っていきます。

主流は今でも昔からずっと使われているステンレス製ですが、非常に柔軟性のあるニッケルチタン製のファイルが登場し、徐々に臨床現場に浸透していきました。

 

このニッケルチタンという材質は柔軟性に富む反面、折れやすく切れ味も良くありません。

そのため多くはモーターで回転させながら使います。

さらに最近の製品は作業効率をアップさせるため、使用するニッケルチタンファイルの本数が少なくて済むような流れになっております。

 

そんな中、私は以前作業効率アップと逆行するニッケルチタン製のファイルを使用しておりました。

ライトスピードと呼ばれる製品で多くの使用本数を必要とするシステムです。

しかも通常のニッケルチタン製のファイルと違いかなり高速で回転させて使うため、このためだけに専用の機器が必要になります。

 

こんな欠点がありますが、このライトスピードは他のシステムには無い圧倒的な利点があります。

 

非常に柔軟性が高く通常のニッケルチタン製ファイルでも困難な彎曲した根管でも使える。

万が一、根管内で折れてしまってもこのライトスピードは折れた破片を簡単に取り除くことができる。

 

この代え難い利点のためにかつては使っていたのですが国内代理店が取り扱いを止めてしまったために入手出来なくなってしまい、使うのを止めてしまいました。

 

しかしどうしてもかつて使っていたライトスピードが忘れられず、ついに個人輸入してアメリカよりこのライトスピードを個人的に取り寄せました。

 

そのため非常にコストも時間もかかってしまうため、通常の根管治療ではなかなか導入が厳しいですが、マイクロスコープなどを駆使した特殊な根管治療でのみの使用になりますが、今後末永くまた使っていきたいと思うところです。

| seiji0024 | むし歯治療 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/986
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ