blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< もっと加入者に説明していただきたい健康保険組合の歯科検診事業 | main | 変わったニッケルチタンファイル >>
流行っている床矯正装置について再考する

最近、取り外し式の床矯正が非常に流行っています。

この背景には、歯科医院を多く手掛ける経営コンサルタントや歯科医院経営をアドバイスする研修会などが、医院経営のために強力に床矯正を勧めている背景があるからではないかと、思っております。

 

この流行っている床矯正装置、私もよく用いでおりますがもう一度考え直してみたいと思っております。

 

利点

・専門の技術・知識が無い経験の浅い歯科医師であっても、とりあえずある程度は使うことができる。

・取り外せるためブラッシングがしっかり出来るため、虫歯のリスクが少ない。

・装着や調整などに多くの用具を必要としないため、歯科医院の導入コストが少なくて済む。

・矯正装置撤去時の歯の損傷が無い。

 

欠点

・取り外せるため、正しく装着出来ていなかったり装着時間が短かったりすると、思うような結果が得られない。

・どうしても厚みがあるため舌の邪魔になってしまい、舌の悪習癖が改善しにくい。

・三次元的な作用がほとんど出来ないため、多くの場合他の装置との併用になる。

・装置を製作する技工レベルに効果が左右されやすく、歯科技工士のスキルが求められる。

 

このように床矯正の特徴をよく理解して使えば、矯正治療における有効なツールの一つになり得ます。

時折患者さんが最初から床矯正を指定されることがございますが、あくまで私は主治医として最も効率のよい治療法を選択していく中で、床矯正装置を使ったり使わなかったり致しますので、何が何でも床矯正が素晴らしい、と決めつけないで頂きたいとお思います。

| seiji0024 | 矯正治療 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ