blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 9月17日(土)診察時間変更のお知らせ | main | 流行っている床矯正装置について再考する >>
もっと加入者に説明していただきたい健康保険組合の歯科検診事業

加入されている健康保険組合によっては京都府歯科医師会に委託して、京都府歯科医師会会員の診療所で無料で歯科検診を受けられる制度があります。

 

この検診は元々多人数を想定しているため、かなり簡略化された様式の検診になっております。

よっておおよそ歯科疾患のリスクが高いかどうかのスクリーニング(簡易なふるい分け)は出来ますが、診断や治療計画の立案に必要な資料には成り得ません。

そのため治療が必要な際には、別個にもっと精度の高い検査が必要です。

しかもこの検診制度で歯石取りなどの施術・処置は一切行えません。

 

しかしこの保険組合の歯科検診制度で、無料で歯石取り、もっとエスカレートしているケースではヤニ取りまでしてくれるものだと勘違いして申し込まれることが大半です。

 

よって歯石取りを行うには、健康保険できちんとした歯周病検査を行ったうえで、はじめて処置が可能となります。

しかも無料検診と健康保険の診察日は同日に行ってはならないため、通常の保険診療だと1日で済む内容でも、2日かかります。

 

そこで当院でもこの制度をご利用される方に関しては、毎回その旨を説明するのですが、結局後付けの説明になってしまうので不満を漏らされてしまうこともしばしあります。

 

元来なら、無料検診の実施主体の健康保険組合がもっとわかりやすく加入者に説明してくれればこういったことにならないのでしょうが、なかなか浸透されていないのが現状です。

 

根本的にはこういった検診制度はもっと再検討する必要がありますが、その前にまずは現状の制度について加入者にきちんと説明されることが先決だと思います。

| seiji0024 | ひとりごと | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/984
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ