blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 1月19日(木)休診のお知らせ | main | 審美修復を行う際に診るべきポイント >>
もう一度見直したい胃瘻(胃ろう)

マスコミなどから散々叩かれてしまった上に診療報酬を大減点されて悪い医療の代名詞のようにされてしまった胃ろうですが、本当に全てが悪いのでしょうか?

 

私もかつてはあまり胃ろうに対して良いイメージを持っておりませんでした。

しかし嚥下障害を学んでいくと、嚥下障害の改善の中にこの胃ろうという治療法は重要な選択肢であるとわかってきました。

 

一番それを感じるのが脳卒中で嚥下障害が生じた時です。脳卒中発作直後に嚥下障害が生じて口から栄養が摂れなくなってしまうと、多くが経鼻栄養かIVH(中心静脈栄養)を入院先の病院で行います。

その後、ある程度回復するまで経鼻栄養が行われますが、それに合わせて嚥下機能も自然に回復してくれるとは限りません。

そこで嚥下機能に問題が残ってしまった場合、経鼻栄養を続けるか胃ろうを造設するかの選択になります。

 

その際、昨今の胃ろうに対するバッシングから、最近胃ろうを選択されずに長期間経鼻栄養が続けられている頻度が高くなった印象を持ちます。

 

しかし嚥下機能のトレーニングを行う上で、経鼻栄養で用いられるチューブほどじゃまなものはありません。このチューブが咽頭(喉の奥)に横たわっているだけで、その方の嚥下反射はどんどん鈍ってしまいます。

 

元来、急性期から回復期に移って間もないころというのは、嚥下障害に対して介入する時期としてはものすごくおいしい時期ですが、その時期にこういったじゃま物があるととても困ります。

このおいしい時期を逃して、どんどん廃用化が進んでから嚥下障害に介入しても、劇的な回復を見込める可能性はどんどん下がります。

ですから理想的には全身状態、嚥下状態、それに経管栄養と嚥下リハビリ、これらが有機的にリンクしていく中で適切な時期に胃ろうの造設を行うことは、非常に意義があります。

このようにチーム医療が有機的に機能していく中での胃ろうは、もっと増えていいのではないかと個人的には思っております。

 

 

 

 

 

 

| seiji0024 | 摂食嚥下 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/981
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ