blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 歯に対する意識がもっと現れやすい欠損歯の治療法選択 | main | 教職員向けの研修を行いました >>
電解機能水で注意しておきたいこと

当院では開業以来、ずっと感染予防のために電解機能水を様々なところで活用しております。

そもそも機能水とは、「人為的な処理によって再現性のある有用な機能を付与された水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの、及び明らかにされようとしているもの」と日本機能水学会が定めております。

例えば飲用でよく聞かれるアルカリイオン水や水素水と呼ばれているものはそうですし、殺菌性を期待するなら塩素化合物を電解した中性・微酸性・弱酸性・強酸性電解水や、オゾンガスをマイクロからナノレベルの細かな泡にして水に溶け込ましたオゾン水等があります。

 

医療現場や食品加工現場では殺菌性がとても大事になってきますので、中性・微酸性・弱酸性・強酸性電解水やオゾン水が多く使われております。

オゾン水も使われておりますが、やはり塩素化合物を電解した中性・微酸性・弱酸性・強酸性電解水が最も多く使われており、当院でも中性電解水を使用しております。

しかしこの電解水、厄介なのは電解されるものが塩素化合物だけでは無いという事です。

よく材料に食塩を用いますが、この食塩の多くは海水から作られています。海水には塩化ナトリウム以外にも様々な微量物質が含まれております。その中に臭素と呼ばれる物質が入っています。通常この臭素は人体に入ったからといって特別害を及ぼすものではありません。しかしこの臭素が荷電されてしまうと、臭素酸という物質に変化してしまいます。臭素酸は臭素と違って強力な発がん性物質であります。

よって臭素が含有している食塩を使って電解機能水を作ると、その中には発がん性物質が含まれていることになり、医療現場や食品加工現場で使う物としては不適切だと思います。

ですから電解機能水を作る際に使用する食塩は、臭素が入っていないものを用いなければなりませんし、当院ではかねてよりそうしております。

元来は電解機能水を製造・販売しているメーカーがもっとはっきりとわかりやすく添付文書で注意・説明するべきだと思うのですが、メーカーで販売している食塩水溶液を買うように推奨するだけでとても十分されているとは思えません。

 

通販などでも気軽に電解機能水を作る機械が購入でき、一般家庭でもお使いの方もいらっしゃると思いますが、食塩を原材料にする機種の場合、材料になる食塩の選択には十分注意していただきたいと思います。

| seiji0024 | 感染予防 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/977
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ