blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 急速拡大するだけで本当に呼吸は改善するの? | main | 電解機能水で注意しておきたいこと >>
歯に対する意識がもっと現れやすい欠損歯の治療法選択

歯を抜けたまま放置されているケースをよく見かけます。

一部、放置しておいて問題ないこともありますが、ほとんどの場合は放置しておけば歯列全体が乱れてきたり咬み合わせが変わったり、時には顎まで歪んでしまうこともあるため、抜けたまま放置しないできちんと治療して歯を補わないといけない説明を毎回行っております。

 

ほとんど歯が無くなってしまうとさほど多くの選択肢が残されていないので治療法の選択もシンプルですが、これが1本程度の欠損となると多くの選択肢があるため治療法の選択も複雑になります。

しかしこの治療法の選択の際、必ずといっていいほどその患者さんの歯に対する意識が現れます。

 

もし仮に1本歯が無くなっており、その両隣の歯は無傷であったとしたら、

患者さんの意識の低い順に、決定される治療法の選択を挙げます。

 

1.抜けたまま放置

  これだけ抜けたままについての弊害を説明しても最初から聞く耳を持たない方です。

 

2.健康保険のブリッジ

  両隣の歯を大量に削って被せて連結するブリッジは、短期的には使い心地も良く違和感もありません。

  しかし無傷の歯を大量に削るわけですからそこがいずれまた虫歯になってしまいます。

  しかもそれを覆っている物がクオリティーの低い保険材料ですから、数年で支えている歯がダメになる可能性が高くなります。

  そうなればさらに歯を失う原因を作ってしまっていることになることもあります。

  今さえよければ後はどうなっても良い、という治療法です。

  その証拠に歯科医師自身やその身内にこれが入っているのを私はほとんど見たことがありません。

  もちろん私はこれを身内に入れたことは一度もありません。

 

3.入れ歯・インプラント・保険外のブリッジなど

  これらを選択された方は歯を抜けたままも、歯を大きく傷つける事も良くないと感じとても歯を大切にされている方です。

  入れ歯で慣れられれば私はそれで十分だと思っておりますが、そうでない方もいらっしゃいます。

  しかしインプラントや保険外のブリッジなどは治療費がかかってしまうので、今すぐ出来ないという方も少なくありません。

  そういう方はしばらく入れ歯で辛抱していただいてそのうち他の治療に移行することもよくあります。

 

今回のこの治療法の選択については建前論では無く、本当に歯科医師としてのぶっちゃけ論です。

歯の欠損を補う治療法を歯医者さんから提案され、悩まれている方は是非参考にしていただければと思います。

 

 

| seiji0024 | 入れ歯 | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/976
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ