blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 鼻と口とを塞ぐ嚥下機能の基礎知識 | main | 10月29日(土)休診と”下京・みなみ健康まつり”開催のお知らせ >>
顎顔面矯正のとっかかり

林歯科診療所の小児の矯正治療において、手軽な床矯正やトレーナー矯正から、バイオブロックやRAMPAを用いた本格的に顎の成長を促すものまで幅広く行っております。
歯並び・咬合の軽度な以上の場合、私から患者さんに矯正治療を提案することはしておりませんので、患者さん自ら訴えられるケースのみ矯正治療を行っております。ご自分から申告されるくらいですから、ほぼ全て中程度から重度のケースになります。

ですから当院では最近、単純な床矯正1つくらいで済むような簡単なケースは担当しておらず、バイオブロックやRAMPAと言った東京でご開業の三谷寧先生から教わったシステムを用いることが多いのです。

しかしこの素晴らしいバイオブロック・RAMPAも全ての方が受けてくださるかと言えばそうではありません。
これらのシステムは精巧なつくりの矯正装置が必須になります。そのためどうしてもコストがかかってしまい、その分治療費が割高になってしまうのです。
ですから治療費で断られてしまうことも時折生じます。

そんな中、私の知り合いの歯科医師の先生何人かが、もう少しシンプルな装置を使って良好な結果を得ている症例を実際に見せていただき、それなら一度直接学んでみようと決心し、こちらの矯正を主催されている黒江和斗先生のコースを申し込み、最初の研修に参加してまいりました。



 



今回の研修ではHyraxタイプの上顎急速拡大装置と下顎の舌側弧線装置という2つの装置について、理論から製作・調整まで学びました。

受講してびっくりしたのが、比較的開業したての若い歯科医師がたくさん受講していました。経営コンサルタントなどから勧められて受講している方も多くおられ、この黒江先生の理論が今話題になっているんだと、はじめて気付かされました。

私の場合、既にバイオブロックやRAMPAといった矯正治療システムを持っているので、この黒江先生のシステムを自分自身の臨床でどう取り扱うのか、これから考えていかねばなりません。
 


| seiji0024 | 矯正治療 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ