blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 10月8日(土)休診のお知らせ | main | ついにRAMPAのコースが始まりました >>
情報発信の質が問われるホームページ

インターネットが各家庭に急速に広がり出したのが2000年ごろ、それからこの3年くらいでスマホが急速に普及し、インターネットのあり方がずいぶん変わってきました。

このように誰でも気軽にインターネットで情報を仕入れられるようになった結果、我々歯科医院も医療広告としてのインターネット利用が過当競争なってしまい、検索で上位にきている歯科医院の多くが巨額な宣伝広告費を支払っている状況で、まさしく検索順位をカネで買う事態になっており、その相場は年々うなぎ登りに上昇し、いたちごっこの状況を呈しております。
それは歯科医院にとっては大きな負担となり、その分無理な短時間診療や強引な高額医療の勧誘、また不必要な過剰診療などを引き起こすことにもなりかねません。
そんな状況の中、当院は平成20年2月の開院以来、ホームページは小さく始め少しずつ大きく育てていきました。その結果、今までお金をかけなくても自分の手作りである程度、多額の費用をかけているホームページに匹敵する評価が検索サイトで得られておりました。
しかし上記のようなインターネット広告合戦がもたらされた結果、だんだん当院がやってきた手法では検索にあまりかからず情報が埋没してしまうようになってしまいました。

そんな状況を改善しようと、先日新潟県でご開業でかねてより正しいインターネットによる歯科医療情報の普及活動をされている鷲沢直也先生のセミナーを受講しに参りました。

そこで何度も強調されたことがやはり良質な医療情報を多く提供することが大事だということです。
そのために、最近SNSの台頭で廃れてきたブログをもう一度見直すべきでないか、とのご提案がされました。

そう言えばこのブログもよく読んでくださっている方は結構おられるようで、記事をしっかり書かないとお叱りを受けることもあるので、汗をかくことも大事だな、と改めて思い知らされております。

| seiji0024 | 医院管理 | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/913
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ