blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 7月28日(木)休診のお知らせ | main | 認知症を地域で支えるには >>
歯周病やインプラント治療に必要な軟組織の取り扱いがようやくわかってきた

昨年、愛知学院大学歯学部の同窓会で主催されたインプラントの研修会に2日間、参加してまいりました。
講師の先生は愛知学院大学OBの野原 栄二・牧野 真也・本多 隆保、各先生でした。
そこではインプラント経験者向けに応用編が伝えられましたが、あまりにも盛りだくさんで私は一部しか吸収することができませんでした。
そんな事情で、今回も講師に同じ先生が来られていたのこの度再受講いたしました。
さすがに2回目ですので前回参加した時より自分自身の吸収のスピードが断然早いのが自覚されました。

特に1回目の参加ではあまりわからなかった軟組織の取り扱いについては今回、相当吸収することができました。
この技術はインプラントのみならず、歯周病治療審美治療、さらに被せ物治療、場合によっては入れ歯治療など幅広く応用できるものです。

私は愛知学院大学の同窓生では無いのにこれだけ充実した内容の研修を受講できて、何か同窓生の方には申し訳ない心境でもあります。










 

| seiji0024 | インプラント | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/912
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ