blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 6月11日(土)診察時間変更のお知らせ | main | 6月27日(月)休診のお知らせ >>
がん治療や手術後の予後に影響する口腔ケア

全身麻酔での手術を受けた後に、重篤な合併症で多く生じるものが”肺炎”です。
この肺炎は直接的死因では3番目に多く、社会的にも問題視されております。

一方、抗がん剤などの化学療法や放射線治療を行うと強い痛みを伴う口内炎が多数できやすくなります。

これら2つの問題も、実は治療を始める前から治療中も継続的に口腔ケアを行って、きちんと管理すればかなり防ぐことができることがわかっております。

我々歯科医師が携われるとても素晴らしい事なのに、残念ながら実際にはあまり多く行われておりません。

それと言うのも、これらの口腔ケアを進めるためには主治医の先生と我々歯科医師とが上手く連携できていなければ成り立たないのですが、その連携が一向に進まないからです。

そんな折、先日我々地域の歯科医師会とこの地元では最も急性期医療で中核となっている京都市立病院との合同で周術期口腔管理に関する研修を行いました。

当初は京都市立病院の医師など多くの方がどの程度参加されるのかとても不安でしたが、実際はじまってみると非常に多くのご参加をいただきましてとても有意義な企画でした。

講師には京都府立医科大学歯科教授の金村成智先生に務めていただき、実際に数多く実績を積まれている京都府立医科大学での院内連携、さらに地域歯科医療機関への逆紹介システムなど、興味深い内容を盛りだくさんにご講演いただきました。

この分野、厚生労働省も積極的に推進していく意向を以前から示して、我々に対しても様々な情報提供をしていただき、そこに数多く参加している私自身のスキルはもう既に身についているのですが、この周術期口腔管理は技術的な事よりも主治医との付き合いの方がずっと重要で、その点はまだまだ自分自身、不十分で今後取り組んでいかなければならない課題であると、再認識させられているところです。
 

| seiji0024 | 感染予防 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/909
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ