blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 小児歯科一筋45年以上の臨床に触れる | main | やっとバイオブロックの真髄に突入 >>
マイクロスコープ臨床の基礎から様々な応用を学ぶ
林歯科診療所では平成20年の開院以来、特に根管治療(神経の治療)においてマイクロスコープを保険外診療において用いております。
以前はこのマイクロスコープ治療、ずいぶんスキルアップのための研修に出かけたものですが、ここ数年はあまりその機会に恵まれませんでした。
そんな中、日本歯科大学の卒後研修コースで、今年度新潟でマイクロスコープ診療に関する研修が丸二日間企画され、いち早く申し込み致しました。
前半は私が今まであまりマイクロスコープを使ってこなかった、ダイレクトボンドセラミック治療への応用で講師には日本歯科大学新潟総合診療科准教授の菅原佳宏先生が務められ、後半は今まで私が行ってきているマイクロスコープを用いた根管治療について日本歯科大学新潟保存学教室教授の五十嵐勝先生が務められました。同じ日本歯科大学でも私は東京校の出身なので、新潟校の両先生については面識がございませんでしたが、お二方とも最先端の臨床をされておりとても刺激になりました。
新潟までの研修につき、診察をずいぶん休ませていただいた結果、多くの皆様にご迷惑をおかけいたしましたが、その分に見合う実力は身につけられたのではないかな、と思っております。
| seiji0024 | むし歯治療 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/898
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ