blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 摂食嚥下障害の基礎と社会的意義 | main | 天外伺朗先生のフロー経営セミナーを修了しました >>
東洋医学と解剖学・生理学を突き詰めた咬み合わせ治療の基礎
私は開業時より一環して咬み合わせ治療を行ってきただけに留まらず多くの先生に教わり、進化し続けてきました。その中でも大きく影響を受けたのが東京都と静岡県でご開業の川邉先生でした。その川邉先生の臨床ですがまだ自分で理解出来ていないところもあったので、数年ぶりに再受講したのですが、内容がほとんど矯正の話でそれはそれでとても有意義だったのですが、自分のモヤモヤしたところはまだ未解決のままでした。
そんな折、かつて川邉先生といっしょに咬み合わせの研修をされていた東京都でご開業の笠茂享久先生の咬み合わせ研修二日間コースに行って参りました。
笠茂先生の教え方は膨大な量の解剖学・生理学・東洋医学の基礎が目白押しで、ついていくのがやっとですが、全て臨床に繋がるバックボーンがあってかなり理解することが出来ました。
今回はまだ基礎編でまだ半分にしか過ぎません。残り半分の臨床編が楽しみなところです。
| seiji0024 | 咬み合わせ | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/881
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ