blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 摂食嚥下の基礎を科学的に解き明かす | main | 歯科衛生士の雇用条件に対する考え方 >>
姿勢咬合のコースを数年ぶりに再受講
当院ではかねてより咬み合わせ治療を行っております。なかなか京都で咬み合わせの治療を行っているところが少ないからかどうかわかりませんが、申し訳ないながらもかなり遠方からでも多くの方にお越しいただいております。
当院で行っている咬み合わせ治療ですが、今までにとても多くのことを学んできた中で自分なりにまとめたものを臨床に生かして皆様に提供しております。
その中でも以前に受講した、現在は東京都でご開業されている川邊研次先生が主催されている姿勢咬合コースで学んだ内容は、私の咬み合わせ治療の中で大きなウェートを占めております。
その後も川邊先生とは何度もお会いして、現在されている姿勢咬合のコースが以前に私が受講した内容とはずいぶん様変わりしたとお聞きしていて、今回再受講する運びとなりました。
以前に受講した内容は主に顎関節症や歯痛への対応でしたが、今回は矯正治療への応用が大半の内容でした。
特にマウスピース型のトレーナーを用いた方法で、この方法は結果が出るのにすごく時間がかかるので私自身、なるべく避けてきた方法です。
しかしトレーナーを使って時間がかかるのは、私自身の理解が浅く、患者さんに対してちょっと甘やかしすぎたところがすごく大きいです。
川邊先生は、非常に長いトレーナーの装着時間を設け、口腔の筋肉トレーニングもハードな内容を患者さんに要求します。
その結果、短期間でトレーナーを用いた矯正治療は結果が出てます。
またトレーナーを用いた矯正治療の利点である長期間の安定性も得られるのです。

これを機に私もトレーナーに対する偏見を無くして、もっと自分の臨床に取り入れようと思います。
 
| seiji0024 | 咬み合わせ | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/873
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ