blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 何を基準に歯医者さんを選ばれていますか? | main | 9月の土曜日診療予定 >>
こだわりの道具
 歯科治療には多くの器具を使用します。
その中でもよく使うものの内、歯を削るタービンと呼ばれる道具があります。
ジェット機みたいな音がして、患者様から最も嫌がられる道具ですが、やはりこの道具が無ければ歯科治療は成り立ちません。
しかしこのタービンで歯を削られることは患者様にとって非常にストレスのかかることです。我々歯科医師にとってもとても緊張しながら使っています。そのため、このタービンで切れ味良く削れ、回転ブレが無いことは患者様・歯科医師双方の大きなストレスの緩和につながります。
京都 下京 丹波口下車の林歯科診療所においては、一貫してドイツのカボ社製のタービンを使用しております。国産品と比較して導入コストも維持コストも倍かかってしまうものですが、こればかりは他に代えられるものがなく、こだわって使用し続けております。
診察台には国産のモリタ製を使っておりますが、これは感染予防対策が圧倒的に強い理由で採用しておりますが、タービンだけは浮気してカボ製を使っています。(いつもよくしてくれているモリタの担当者の方には申し訳ないですが・・・)
このカボ社製タービンの使用が診療時間の短縮にもつながっており、とても重宝しております。

| seiji0024 | 医院管理 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ