blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 12月3日(木)休診のお知らせ | main | フィードバックはフロー経営には大切なステップ >>
トレーナー型矯正装置を使いこなす
矯正治療を行う際、必ず矯正装置を使います。
様々な矯正装置があり、口腔内だけに留まるもの、口腔外にまで及ぶもの、取り外し出来るもの、取り外し出来ないものがあります。

この中で私があまり好んで使わない装置があります。それが有名なものだとムーシールドに代表されるようなトレーナー型の装置です。受け口の小さな小児にはよく使いますが、装置の効果が出るのに時間がかかるのと、患者さん自身が正しく使わないと効果が出ない不確実性からあまり好んで使っていませんでした。

しかしこのトレーナー型装置は、歯を並べる以上に不正な咬み合わせや歯並びの原因となる筋肉の異常なバランスを正常に戻す効果が非常に高く、トレーナー型装置を使った矯正治療は矯正治療終了後も比較的安定した状態が維持できていることが多く、自分でももっと毛嫌いせずに、しっかり勉強して使いこなして行かないと、と考えていたところです。

そんな中、以前からお世話になっている岡山県で矯正専門にご開業でプレオルソというトレーナー型矯正装置の開発者でもある大塚淳先生のアドバンスセミナーに参加してまいりました。

いままでトレーナー型矯正装置は受け口限定見たいなレッテルを自分で貼ってしまっておりましたが、大塚先生のお話しを聞いてそんな私の思い込みは完全に間違っていて、きちんと理解して使えば多くの可能性を秘めている方法であることが改めてわかりました。

いままで装置により力技でやっていた中に、このようなトレーナーも上手く取り入れて、より安定して身体に調和した矯正臨床を提供していけるよう研鑽を積んで行かねば、と思うところです。
| seiji0024 | 矯正治療 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ