blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 4月22日(水) 診察時間変更のお知らせ | main | 歯牙接触癖、TCHのオリジナルに学ぶ >>
10年ぶりに変更した根管治療システム
神経まで進行してしまった虫歯に対しては神経の治療、根管治療が必要になります。
この根管治療、まっすぐの根管なら複雑なシステムは必要ありません。
しかし奥歯は根管が何本もあるとともに、その根管が大きく曲がっています。
この曲がった根管を治療するのは旧来よりあるステンレス製の器具だけでは非常に難しく、時間もかかってしまいます。

そのため私は以前よりニッケルチタン製の器具を使ってきました。
いろいろ試した結果、デンツプライ社製のプロテーパーという器具に出会い、その柔軟さに感動し長年使ってきました。
その後、新製品がいくつも登場し相当試しました。
しかしその多くは満足した結果が得られず、結局採用には至りませんでした。

そんなことを10年以上続けながらずっとプロテーパーを使い続けていましたが、最近ついにプロテーパーから新しいシステムに変更しました。全く同じ開発者であるプロテーパーNEXTという商品にガラッと変えました。
これには非常に満足しています。
ただ元々プロテーパーはとても高価な器具だったのに、プロテーパーNEXTになってさらに高価になってしまいました。

しかし治療成績と治療時間には代えられず、もう前のプロテーパーには戻れないくらい気に入って使っています。
ニッケルチタンファイルの導入をお考えの歯科医師の先生、値段はとても高いですがこの快適な使用感はお勧めですよ。
| seiji0024 | むし歯治療 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/848
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ