blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 隣接医学にもっと幅広く接するために | main | 2月5日(木)休診のお知らせ >>
積極的にレントゲンを撮らなかった自分自身への反省
林歯科診療所は個人開設の時代から遡るともう7年が経過しようとしています。
その中で、どうしてもレントゲンは嫌われることが多く、私は今まで必要最小限の撮影に留めてきました。
しかしその結果、どうもあやしいな?、と思った歯も私がレントゲンを撮らなかったせいで見逃してしまった虫歯が何本も出てきてしまいました。

これはとても自分自身、反省しないといけないところです。やはり歯の診断にレントゲンはとても大きなツールです。
一方、レントゲンによる被ばくに関しては完全に日常生活を送っている自然被ばくと科学的に比較すれば嫌われていらっしゃる方にも大概説明がつくはずです。
本当にこれではせっかく低被曝のデジタルレントゲンを持っていても宝の持ち腐れです。

特に今まで定期健診にお越しいただいているにも関わらず、私がレントゲンを撮らなかったせいで虫歯を見逃してしまった方々に対してはとても申し訳なく思っており、猛烈に反省しているところです。

といういきさつから最近では完全に考えを改め、少しでも疑問に感じた歯は即座にレントゲンを撮ることにいたしました。
もしレントゲン被ばくをご心配される方についてはきちんと科学的に説明いたしますのでお申し出ください。

やはり何かにつけ、他人のご機嫌を取ることで自分の信念を歪めること無く、自分自身がいいと思ったことはすぐに実行することが、結果的にはより確かな臨床を皆様に提供できるのだと、ごく当たり前のことを思い知らされている今日この頃です。
| seiji0024 | 予防歯科 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/828
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ