blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 12月22日(月)休診のお知らせ | main | 1月10日(土)休診と1月12日(月・祝)振替のお知らせ >>
もう少し身近に使いこなしたい漢方薬
歯科臨床ではなく医科の臨床、例えば内科・婦人科・整形外科・精神科・耳鼻咽喉科などではポツポツと漢方薬が使われます。
先生によってその頻度は異なりますが、歯科と比べるとよく使われております。
一方、歯科では今までほとんど漢方薬を使われることはありませんでした。一番大きな理由は保険診療において明確に漢方薬を使えるルールが明確になっていなかったことが大きいのではないかと思っております。

そんな最中、最近になって歯科の保険診療においてかなり明確に漢方薬の使用に際してのルールが明らかになってきました。この一連の経緯に大変働きかけを続けてこられた、大阪歯科大学教授の王宝禮先生をこのたび京都府歯科医師会でお招きし、保険診療における漢方臨床についての講演をしていただき、スタッフ共々拝聴してまいりました。

今までにも何度か王先生の講演を受講したことはありますが、相変わらずのパワフルなレクチャーで講演中も全く飽きることなく楽しく受講することが出来ました。

使いたいケースのうち一部にしか認められておりませんが、この機会にぴったりのケースがあれば、自身の臨床の幅を広げるためにも今後は私も積極的に漢方を使っていきたいと感じさせられました。
| seiji0024 | 口腔外科 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/819
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ