blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 8月6日(木)休診のお知らせ | main | 8月8日(土)、休診のお知らせ >>
口腔顔面痛学会に参加していきました
先日、東京医科歯科大学附属病院内で開催された口腔顔面痛学会に参加してまいりました、
この学会は口腔領域における痛みについて専門としている学会です。
そもそも痛みといってもいくつか種類があり、その系統によって対処する治療法は変わってきます。
歯が原因か、歯以外が原因かの鑑別が必要です。
歯が原因の場合、虫歯以外に、歯周病や歯の破折、咬み合わせなどが考えられます。
歯以外の原因となるととても難しくなります。
神経そのものの障害にによるもの。典型的なものとしては三叉神経痛やヘルペスウイルスの感染などです。それ以外にも血流障害などによって生じるニューロパシーと呼ばれるものがあります。
また末梢神経レベルでは正常であっても脳の中、中枢神経領域で異常が起きて結果として歯の痛みに感じてしまう場合などがあります。

我々、日常臨床で歯痛の訴えに対する対応は頻繁に行っておりますが、こういったもの全てをどこか自分の頭の中の片隅に意識しながら診査診断を行わなくてはなりません。
そういった点で、この学会は参加してとても勉強になりました。
まだまだ小さな学会なようですが、とてもいいお話しをされているので、是非広く浸透していけばいいな、と感じるところです。
 
| seiji0024 | 口腔外科 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/808
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ