blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 10月10日(金)・11日(土)休診のお知らせ | main | 人材を確保するのに頭の痛い条件設定 >>
ワールドデンタルショーに行ってまいりました
先日、日本で最も大きな歯科器材・材料の商業展示イベントであるワールドデンタルショーを視察しに横浜まで行ってまいりました。
今回の展示で最も目についたのがCAD/CAMシステムです。このシステム、皆様何のことだがさっぱりお解りにならないと思いますが、歯の形をレーザー光でスキャニングし、コンピューター上で立体構築させて詰め物や被せ物を設計し、それをコンピューターで制御される自動旋盤で削り出して、詰め物や被せ物を製作するシステムのことです。
利点としては歯科技工士の手間が簡略化されることや、もともと物性の優れたブロックを削り出すので強度の優れたものが製作できる点です。
ほんの数年前と比較して本当に精度が向上し、満足できるものが出来上がるようになってきました。
しかしその一方、多少値下がりしたとはいえ、まだまだかなり高額な設備です。数多くのメーカーが出店しておりましたが、どれをとっても導入コストで満足できるものはありませんでした。

次に目についたものといえば、衛生管理にまつわる設備です。歯科医院での感染予防対策についてマスコミから大きく報道されたこともあって、器具の自動洗浄機や高性能な各種滅菌器など目白押しでした。
当院では開院のころから取り組んできた内容でありますが、その方向性は正しかったと改めて感じさせられる一方、今後うなぎ上りに上昇する衛生管理にかかるマンパワーやコストが心配になってきました。

ちょっと前、デンタルショーで主役だった歯科用CTについては価格破壊の情勢もあって、今回はあまり目立った展示はありませんでした

とても広い会場で足が棒になるくらい回りましたが、毎回デンタルショーに来ると時代の潮流を肌で感じることができてとても楽しかったです。
| seiji0024 | 歯科全般 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/805
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ