blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 流行っている床矯正の長所と短所 | main | 当院でよく聞こえる”まっすぐ5番” >>
入ってきてほしい麻酔薬
一般的な歯科治療の中で最も強い痛みが生じる可能性がある処置が、おそらく歯の神経を取る時ではないかと思います。
特に元々激烈な痛みを伴う急性炎症の時には、特に局所麻酔が十分効かず、大変つらい思いをさせてしまうことも少なくありません。
通常、我々はリドカインという成分の麻酔薬を使います。この麻酔薬は古くから使われ比較的安全性も高いものですが、あまりに激烈な痛みがある時には効果が不十分に感じることがしばしあります。

しかしこういったケースはなにも日本だけでなく世界中で起きていることですが、特にヨーロッパなのでは強い痛みが予想される場合、リドカインではなくアーティカインという新しい麻酔薬を使われることが多いです。
このアーティカインという麻酔薬、もう既にヨーロッパでは日常臨床に広く使われており、安全性は確立されている薬です。
にも関わらず日本には一向に入ってくる兆しがありません。

おそらく日本では入れるために薬事承認の手続きを踏まなければならないのですが、そこに莫大な費用がかかってしまう仕組みがあります。そのために企業はビジネスとして成り立たないと判断して取り扱わないのではないでしょうか?

高コストな日本の薬事承認、昨今抗がん剤などでもいろいろと批判されていますが、我々歯科の領域でも困ったことが起きています。
こんな制度の理由で、歯の神経を取るのに麻酔が効かなくて痛くて辛い思いをするのって、嫌だとおもいませんか?
| seiji0024 | 歯科全般 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/784
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ