blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 顎関節症のホームページを全面改訂いたしました | main | 入ってきてほしい麻酔薬 >>
流行っている床矯正の長所と短所
最近、非常に床矯正が流行っています。
当院でも患者さんから床矯正をリクエストされることが多々ありますが、あくまで数ある矯正治療法の一種にしか過ぎないわけで、その長所と短所をきちんと見極めたうえで行うべきだと思い、私は治療法を決めております。

床矯正の長所についてですが、一番大きな長所は取り外しができるので、歯みがきでしっかり手入れできるためとても衛生的なことです。固定式の装置だと、頻繁に虫歯になってしまうような虫歯のリスクの高い方にはまず行えないですが、この方法ならやれることが多いです。
もう一つ大きな長所は、歯科医師に高度な技術を要求しないところです。矯正初心者の歯科医師でもできるわけですがそのことは逆に欠点にもつながりやすいです。
咬み合わせを一時的に高くしたい場合は、床の部分に厚みをつければ非常にやりやすいです。
またこれだけで対応できる程度の軽いケースなら費用が安く抑えられるのも大きな長所です。

こんな床矯正ですが、欠点だってたくさんあります。
まず取り外せるということは、本人が正しく真面目に使わなければ効果が発揮できません。歯科医師が考えた通りに行かなくなることも、本人の使い方でしばし生じます。
難しい技術を使わないので、診断能力が浅い歯科医師でも安易に手を出してしまって、とんでもない結果を招いてしまうことも時折見受けられます。床矯正しかできない歯科医師は、床矯正のみで対処できる程度の軽いケースのみ手をつけるべきだと思います。
それからこの装置、クラスプという金具で歯に固定するのですが、この固定源の歯にどうしても無理な力がかかってしまいます。その固定源の歯が乳歯であるならば、いずれ抜けてしまう歯なので多少傷んでしまっても構いませんが、永久歯を固定源とする場合は非常にナーバスに扱わないといけなくなります。私はそれがすごく嫌なので、永久歯を固定源にせざる得ないケースではほとんど床矯正を採用しておりません。
歯の移動も一方向で直線的な動きしか与えられません。またその移動も歯が平行に移動するのではなく、極端な傾斜移動になってしまいます。(ちょっと特殊な床装置は違いますが、ほとんど普及していません)
また装置の厚みがかなりあるので、舌の動きを邪魔してしまって舌の働きによる自然な矯正力をスポイルしてしまう場合もあります。

この長所と短所をきちんと把握したうえで床矯正も治療計画を立てるべきだと思い、私はむやみやたらと床矯正だけでやらないように心がけております。
| seiji0024 | 矯正治療 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ