blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 強力なチーム作りの前に求められるリーダーの変革 | main | 流行っている床矯正の長所と短所 >>
顎関節症のホームページを全面改訂いたしました
林歯科診療所では開院以来、顎関節症の方を数多く診察してまいりました。
元々病院に勤務していた時から長年携わってきた治療ですが、当然病院勤務の時は自分で自費診療を思う存分できる環境ではないので全て保険診療で行ってきました。
開院してからもその習慣が自分からしばらく抜けなかったため、ホームページも古い内容のものでずっと掲載しておりました。
しかし自分自身、既に病院勤務の時代から顎関節症を保険診療だけで行う矛盾にぶち当たり、開業してからはより一層その気持ちが強くなり、「保険の枠さえ外れてくれればもっといい臨床が提供できるのに。」とずっと悩み続けておりました。

そしてついに今年になって顎関節症の治療は基本、保険診療を止めてしまおうと決心いたしました。
そこで最近では自費での顎関節治療で以前より思う存分いいと思ったことがやれるようになったため、とてもやりやすくなりました。
しかしホームページが古い記載のままだったので、顎関節治療も保険診療目当で来られる方もあって、その場で毎回そのことを訂正するために説明に時間がかかり、若干現場で混乱を生んでおりました。

そんな中、今回ようやく実態にあった内容でホームページを改訂いたしました。
顎関節症は政府の調査によると国民の2割が罹患している非常に頻度の高い病気です。にも関わらず保険診療が整備されていない状況が問題なのですが、医療費抑制政策の中では今後十分に保険診療で手当てされる見込みもほとんどないので仕方がありません。

今後はこれで行き違いもかなり解消出来るでしょうし、もっと治療に専念していきたいものです。
| seiji0024 | 顎関節症 | 09:07 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/20 9:08 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/774
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ