blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 7月23日(水)・24日(木)の診察時間変更 | main | 8月6日(水)・7日(木)診察時間変更のお知らせ >>
精密な咬み合わせ治療に必須の筋電計
林歯科診療所では多くの顎関節治療を行っております。
この顎関節治療ですがこの7月より全ての患者さんに公平になるよう、保険収載されていない非常に効果的な顎関節治療をボランティアで行ってきたものを、内容に見合うよう自費診療で行うように致しました。
おかげで今まで保険の枠に縛られて出来なかったような指導や施術も思う存分できるようになりましたが、中には顎機能検査を行ったうえで非常に高度な咬み合わせ治療を行わないと改善できないケースもあります。
その中で必要な検査として筋肉の活動性を測る検査があります。そもそも咬み合わせや筋肉のバランスがとれていれば滅多に顎関節症にはなりません。これらに不調和があるから顎関節症になるわけで、この根本的な原因の筋肉を調べることはとても重要です。
この筋肉の活動性を計測する機器として筋電計という計測機器があります。この筋電計による検査ですが、我々が必要としているのは筋肉のバランスなので、同時に複数の筋肉を計測できなければ意味がありません。
そのため、顎機能検査で要求される筋電計はどうしても大がかりな機器になってしまいなかなか導入には踏み切れないところですが、どうしても私の臨床には必要なため思い切って導入しています。
実際に計測してみると、顎機能に異常のある方は見事に筋肉のバランスが取れていないのがわかりますし、治療によってどの程度改善しているかの評価もわかりやすくなります。
咬み合わせや顎関節でお困りの方にも当院にはこのような強力なツールがありますので、遠慮なくご相談ください。
| seiji0024 | 顎関節症 | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/767
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ