blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 6月5日(木)休診のお知らせ | main | もっと社会で支えなければならない認知症介護 >>
スピード感あるバイオブロック矯正
以前より当院では小児からの矯正治療を数多く行ってきました。
その中で床矯正やリンガルアーチ、ムーシールドなどのマウスピース矯正などを行ってきました。
こういったものを組み合わせることによって今までそれなりに結果は残してきたつもりですが、スピード感が無いのが実際に治療を行っていていつも不満に感じていました。
特に矯正治療におけるスピード感は患者さん本人のモチベーションに直結します。なかなか目で見て結果が感じられなければどうしても治療に取り組む姿勢が薄れがちになりますし、自分自身で明らかに進歩が感じられればさらにやる気がアップします。

そんな折、様々なシステムを模索していたところ、東京都でご開業の三谷寧先生が主催されているバイオブロック・RAMPAセラピーの研修があるのをお聞きして、今年からお世話になるようになりました。
まだ私はこのシステムでは初心者なのでRAMPAという顔の外に取り付ける装置を習うまでは至っていません。あくまで口の中で使用するバイオブロックという装置のみを使って学んでいます。

このシステムの利点は何より圧倒的なスピード感ではないでしょうか?進み具合が今までのシステムと比較して本当に早いです。いままでなら先がなかなか見えてこず、その結果本人のモチベーション維持に苦労するのですが、このシステムはその苦労がありません。
欠点もあります。複雑な装置を使うので装置代の費用がどうしてもかさみます。また複雑な分、調整や修理がシビアで術者がワイヤーの取り扱いに慣れていないと上手くいきません。
それとこのシステムの最大の欠点は装置の固定源に使う乳歯を酷使するため、その乳歯の歯根吸収が始まらないうちから開始しなければならないので、対象となる年齢が非常に限られてしまうことです。
しかし逆に、対象年齢とケースが合致しさえすればこの圧倒的なスピード感で自分でも驚くほどのスピードでみるみる変わっていっています。

もう既に何例か現在行っておりますが、今までにないペースで進んでおります。是非、もっと自分自身、経験を積んでこのシステムを完全に使いこなせるようにしていきたいものです。
 
| seiji0024 | 矯正治療 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ