blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 手頃でわかりやすくワインを入手する | main | 5月24日(土)休診のお知らせ >>
ただの広告なのに本と称して1,500円で買わせるの?
先日、私の手元に分厚い封筒が知らないところから送られてきました。
中身を空けると広告掲載のセールスでした。
しかしこの広告、どんな内容かと言えば「日本の歯科100選」という本が出るので、お金を支払ってくれたらこの本にあなたの歯科医院を載せてあげますよ、という内容のものでした。
この本の帯には全国の歯科医院の中から公募による厳正な審査で選考された100医院を掲載していると書いてあります。
この厳正な診査ってただたくさんお金を支払った、ということなのでしょうか?
広告費を徴収してこれは歯科医院の広告ですよ、と謳っている分にはいいのですが、この本の表現の仕方では明らかに掲載されている歯科医院がとても素晴らしくて、編集社自らが何の報酬も得ずに取材に行ったように受け取られてしまいます。
しかもこんな本、書店で1,500円で販売しているそうです。
単なる広告のかたまりを一般の方々に買わせるのはちょっとおかしいと思います。
無論、こんなお誘い、私は最初から却下しました。
ホームページも自分で作っているだけで特にお金のかかるキーワード対策などしたこともないし、野立て看板と回覧板以外は一切広告にお金をかけない主義をずっと続けております。
中身を見てみると確かにごく一部、我々業界内でとても有名な先生も入っていますが、なぜこの人が?、というものも多く見受けられました。
こんなところにお金を出して掲載してもらおうとする同業者がたくさんいる現状に、ただただ情けなくて仕方ありません。

 
| seiji0024 | ひとりごと | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ