blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 全く未知のデザインの世界 | main | 熱いものがこみ上げてくる歯科甲子園決勝大会 >>
心の扉を開く接遇・おもてなし
歯科医院が全く初対面の方を診察することはごく当たり前の日常でありますが、診察を受けられる患者さんにとっては初めての歯医者さんに足を運ぶことはとても勇気がいることではないでしょうか?
全くの新規の患者さんの多くはこのようにとても緊張した心境で我々のところに訪れるわけですから、なかなか我々のお話を素直に受け入れられない心境であります。
こんな状態で意思の疎通が上手くいかないまま治療を進めていっても行き違いが生じるだけで良質な医療などモノ申す以前の段階でつまづいてしまいます。

こんな時、こちらがおもてなしの心で接遇を行うことで、ほとんどの緊張された患者さんは少し心を開いていただけるようになります。すると建て前ではなくいろいろと本音の話も出てくるようになり、治療を進める上での活発な提案も出来るようになってきます。

こういった患者心理に対して以前は私も全く無頓着だったためないがしろにしていましたが、今はとても大切にしております。
そしてこのおもてなし・接遇を実践することによって、今までコミュニケーションに苦しんでいた我々自身が最も楽になったことも気づかされる今日この頃です。
| seiji0024 | 医院管理 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ