blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 咬み合わせを勉強すると足まで行き着きます | main | 歯科衛生士学校の実習生を引き受ける際の心構え >>
人材育成を通じて心に響く故中村勘三郎の名言
当院では私自身のスキルアップもさることながら人材育成に力を注いでいます。

そんな中、自分に対しての戒めを込めてこの数年、歌舞伎俳優の故中村勘三郎の名言がいつも私の心の中に持つようにしておりました。

その名言とは、
「型をしっかり覚えた後に、初めて”型破り”になれる。型が無いままやるのは、ただの型無し。」

これは以前このブログにも書かせていただいた日本古来の”守破離”の精神と相通ずるところです。
故中村勘三郎はあの笑顔をいつも周りに振りまいて楽しくさせる気遣いをする一方、自らの芸に対しては一切の妥協を許さなかった厳しい一面を持ち合わせていたと伺いました。
人はどうしても楽して近道をしたがる性質があります。つい基本を粗末にし小手先のテクニックばかり追いかけようとします。特に我々歯科医師はそういった傾向が強く出がちになります。
しかし本当にすごい”型破り”とは完璧に基本を沁みつかせ、その基礎と経験から自分なりにその殻を破っていくのです。

これは私自身、振り返ると思い起こされます。私は歯科医師になって若いころは臨床を離れ研究生活を送っておりました。そのためあまり小手先のテクニックに触れる機会がありませんでした。
ですからその時は一見、とてもドンくさい歯科医師で同世代の周りの歯科医師から非常に馬鹿にされてきました。
しかし幸いなことに私が今でも心底尊敬する先生より当時から基本の大切さについて言われ続け、その結果本格的に臨床を行うまでも行ってからも基本の勉強や訓練を怠りませんでした。
当時はこんな出遅れた自分に対してコンプレックスを抱いておりましたが、それを打ち消すように師の言葉を信じつづけ愚直に基礎を学び続けました。
でもその結果、現在では広い目線で包括的な歯科臨床がほんの少し出来るようになってきました。
そんな経緯が今の私を支えております。厳しく私に接して下さりここまで私を育ててくださった先生には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな私ももう人生の折り返しを過ぎてきました。無論基本の反復は今後も必要なのは言うまでもありませんが、そろそろ今度は自分が人を育てなければならない立場です。

若い世代には自分の経験もさることながら故中村勘三郎が残した素晴らしい名言、今度は人を指導する立場として伝え続けていたいと思います。
 
| seiji0024 | ひとりごと | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ