blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 診療時間変更ならびに休診のお知らせ | main | 繊細な押さえどころが必要な3Mix-MP療法 >>
世界標準の顎関節症診断
当院には開院以来、ずいぶん多くの顎関節症の患者さんがご来院されます。
その中、一貫して私は顎関節症学会が定めた症形分類に則った診断を行ってきておりました
しかしその一方、実際に臨床を行っていく中でこの症形分類だけでは大雑把すぎて不十分なため、この分類以外に特筆すべき項目も診断し経過を追っておりました。

そんな中、先日神奈川歯科大学教授の玉置勝司先生による新しい顎関節症の診断系であるDC/TMDについての講演を受講して参りました。
新たな顎関節症の診断系DC/TMDは顎関節や筋肉の細かな状況を多数の項目に分類し、詳細に記録するところが現在国内で用いられている症形分類と異なる点です。
しかし欠点もあり、記録をつけるのに非常に長い時間がかかってしまいます。これは現在十分保険診療で手当てされていない顎関節症臨床において大きな足かせです。
国際的にはこのDC/TMDが標準になっていくような流れになりそうなので、日本でもこれが実践できるようもっと顎関節症の保険診療報酬を手厚くしていただきたいところです。
| seiji0024 | 顎関節症 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ