blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 休診のお知らせ | main | 最近見直されてきているメタルボンド >>
静脈内鎮静法を学んでまいりました
先日、丸2日間の日程で東京医科歯科大学まで静脈内鎮静法を学んでまいりました。
深山治久教授をはじめ教室員の数多くの先生方に大変お世話になり、ほとんどマンツーマンで指導していただけました。
ここで感じたことはこの研修だけでは静脈内鎮静法を現在の当院の体制で行うことは不可能であるということです。
実際に行ってみるとその作業は自分で想像しているよりはるかに慌ただしいです。
完全に流れが頭に入っていなければスムーズな臨床はとても行えませんし、それは自分だけではなく何よりスタッフの教育が必要になります。
しかしそれ以上に感じたことは、処置を行う歯科医師と鎮静を管理する歯科医師は必ず分担しなければならないということです。
鎮静法はただでさえ慌ただしいのに、処置をするのと同時ではとても集中できませんし、何かあったとき対処できません。

ルーチンワークで出来るようになればとても魅力的な治療ですが、それも安全が担保されるのが絶対条件ですのでこれを実現するにはまだまだクリアしなければならないハードルがたくさんあることが思い知らされましたが、いつかこれが安全に実現できるよう環境整備を計画していきたいと思うところです。
 
| seiji0024 | 歯科全般 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/720
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ