blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 簡単に治らない顎関節症 | main | 和歌から学ぶ日本古来の季節感・習慣・美 >>
震災の記憶は語り継がれていく
先日私どもの歯科医師会で災害時の医療体制についての研修が行われ出席してまいりました。
講師の先生はお二方、お呼びいたしました。
一人目は獨協医科大学法医学講座の高橋雅典先生で、歯学部を卒業されて以来ずっと法医学の世界に歯科医師として長年ご活躍されており、東北の大震災はもちろんのこと遡れば御巣鷹山の日航機墜落事故の際も身元確認などに尽力を尽くされた豊富なご経験をお持ちです。この高橋先生からは大災害が生じた際、身元確認は非常に重要な任務ですが、この身元確認にあまりDNA鑑定などは実用的ではなく、口腔内所見が非常に実用的かつ迅速に行える方法で、身元確認のために歯科医師の役割は非常に大きいことが紹介されました。

二人目は福島県相馬郡新地町でご開業の笹原健児先生です。笹原先生は先の東北大震災の津波で診療所もご自宅も全て津波に流されてしまった被災者であられます。笹原先生には震災当日の命がけの体験、それから避難所での過酷な環境、さらに一向に復興が進んでいかない現状、それからご自身の失われた財産の大きさ、こういったものを生々しく語っていただき、もしも自分だったらどうなるだろう、とますますあの震災がとても他人ごとでは感じられなくなってきました。

こういったこと、無論直接数多くの方に聴講していただきたかったのですが、お声掛けした他職種の方にたくさん受講していただいた一方、肝心の歯科医師会の内部からの出席者は少なくて残念でした。
しかし受講されなかった方々に、このような研修を受けた我々がその内容を伝えていくことはしていかねばならないと感じております。

 
| seiji0024 | レーザー | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/713
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ