blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 最近見直されてきているメタルボンド | main | 休診のお知らせ >>
とても便利だけれど注意も必要な1ステップアドヒーシブ
現在、最も多く行われている虫歯治療はコンポジットレジンという材質を光で固めて詰める方法だと思われます。
このコンポジットレジン、私が学生だったころから比較すると飛躍的に材料が進歩し、私自身も非常に多く使っております。
このコンポジットレジンはそのままでは歯の表面に接着しません。ボンディング剤というもので接着作業が必要になります。
この接着操作、今まで2段階に液体を塗布して処理を行わなければならなかったものが、最近は1回の塗布でできるようになりました。
一見、2回が1回になったら簡単になったと思ってしまいがちですが実はそんなことはありません。2回で行うべきところを1回で済ますわけですからかえって操作上のエラーが出やすくなってしまいました。特に商品によって溶媒が異なることによって使い勝手が大きく変わってきます。
しかしこういったことをわかって使えばやはり歯科医師にとってはとても便利です。

この1ステップの接着剤、誤った使われ方をされていることも時折見かけますので、たかがボンディングと思わずに新しいシステムを導入される際は、そのシステムに即した研修に参加した上で歯科医師はこういったものを使うべきだと思います。
 
| seiji0024 | むし歯治療 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/711
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ