blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< ノロウイルスの予防 | main | 効果と安全性がさらに向上したホワイトニング >>
歯科甲子園D1グランプリの覆面調査が終了しました
林歯科診療所では今年度も歯科甲子園D1グランプリに参加いたしました。
もうこれで初回から3回連続のエントリーになります。
このグランプリ、予選は歯科医院に3回覆面調査が入り、主に歯科医院としての接遇レベルを評価します。
その覆面調査が先日終了いたしました。
他のエントリーされた歯科医院はどうだったのか私にはわかりませんが、当院では3回とも覆面調査員の都合だったからでしょうか、ものすごく混み合う土曜日に全て重なってしまった結果、平日ほどゆっくり時間を割けませんのでその分、超辛口の採点をされてしまいました。確か前年度も土曜日に集中たためか採点が辛口でした。その半面、唯一調査員の来院が平日にもばらけた一昨年は非常に高い評価をいただきました。
このように元来なら覆面調査の曜日や時間はある程度統一しておかないと、どの医院でもゆとりのある時間帯と繁忙時間帯で多少は対応に違いが出てこざる得ないのですから、次回の企画ではこのあたりは是非、改めていただきたいものです。

それはさておき、当院では全てがこのように圧倒的不利な条件での覆面調査だったため、最初から予選落ちするだろうな、と思っておりました。
すると最終結果でなんと予選通過して、準決勝に進出とのことではないですか。
準決勝には5分間の自院のプロモーションビデオの制作による審査ですが、連絡をいただいてから提出期限までたった2週間しかありません。当院では最初から無いものと考えていたため休診日も研修など全て予定を入れてしまっておりました。
そこで今年は残念ですが準決勝の参加は辞退させていただくこととなりました。

元々交流のある歯科医師の先生より強い勧めがあって始めた歯科甲子園D1グランプリ、今では我々が気づかないことをあぶりだしてくれるいい機会になっております。
| seiji0024 | 医院管理 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ