blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 歯列拡大は床矯正だけではありません | main | 診察日変更のお知らせ >>
ガラパゴス化してしまった日本のフッ化物利用
虫歯予防で世界中で広く使われており、その利用法もかなり多く存在するのがフッ素です。
しかしこのフッ素を使った虫歯予防、世界的に見て日本は完全にガラパゴス化してしまっています。
日教組をはじめとする左翼系の団体からの全く科学的根拠の無いフッ素批判のプロパガンダによって、現在でも日本は世界で類を見ないほどの厳しいフッ化物に関する規制が残っております。
世界を見渡すととてもよく出来たフッ化物製剤があるのですが、日本の規制があまりに非常識で日本のためだけで別の生産ラインで作らなければならないため企業としては採算が合わず日本向けの製造を続々と停止してしまっています。よって日本で入手できる製品がどんどん少なくなってきており臨床家の立場としてはとても困ります。
このように国が制度としてきちんとした虫歯予防をやってくれないので、仕方なく私は自分で勉強して独自に世界中から優秀な製剤を仕入れて患者さんに、効果の高い虫歯予防を提供しています。(英語でオーダーするのはまだ大したことないですが、厚生局の許可をもらわないといけないのですごく手間がかかります)
でもこんなことを自分でやっているからとてもお金がかかります。ですから患者さんからも自費でご負担いただいていますがそれでも医院からの持ち出しが出てしまっている状態です。
このように患者さんにも医療機関にも大きな負担をかけさせないでも十分な虫歯予防が受けられる体制を国にはきちんと作っていただきたいものです。
| seiji0024 | 予防歯科 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/652
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ