blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 休診のお知らせ | main | 素敵な生き方、生涯職業人 >>
インプラントオーバーデンチャー

林歯科診療所では治療用義歯を用いた吸着義歯などの手間暇かけた入れ歯作りを行っておりますが、それをしてででもなお、十分咬める入れ歯が出来ないくらい難症例の方も多くいらっしゃいます。
その際は、今まで妥協的にシリコン素材のものを内面に使った義歯を行っておりましたが、このシリコン素材は数年で材質が劣化してしまい、義歯の痛みは軽減できるのですが咬む力を飛躍的に向上させるわけではありませんでした。
そこで常々、強固な固定が得られるインプラントを入れ歯に応用できればな、といつも思っておりました。
その一方、他の歯科医師から入れ歯に応用したインプラントが早期で抜けてしまったとか、多くのトラブルを聴いてしまっていたので、私自身は自分の臨床の中で長年、インプラントを応用した入れ歯、インプラントオーバーデンチャーを封印してきました。
しかし近年、世界中で過去のインプラントオーバーデンチャーの治療成績を集めた膨大なデータが出揃い、ある一定のルールさえ守ればとても成功率の高い治療法であることが明らかになってきました。
そんな情報を集めていても尚、インプラントオーバーデンチャーに及び腰な自分に正しい知識をつけるため、先日埼玉県でご開業のインプラントオーバーデンチャーを数多くされている亀田行雄先生の研修に参加してまいりました。
今まで身につけていた知識以外にも多くのことを学ぶことができました。
私もすでに数多くのインプラント手術の経験があるので、今後はこの技術を入れ歯にも怖がらずに応用していこうと思います。

| seiji0024 | インプラント | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/625
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ