blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 素敵な生き方、生涯職業人 | main | 下京・みなみ健康まつり >>
抜歯しか方法の無い歯を少しでも救うには?

我々歯科医院で歯に関するトラブルで、確かに虫歯や歯周病は非常に頻度の高い事項ですが、実際に来院される方々は他の要因でもかなりいらっしゃいます。
その中でもよく「差し歯が取れた」といってこられるケースの何割かは歯根が割れてしまって取れてしまうことがあります。
今のところ歯根が割れてしまった場合、ほぼ抜歯になってしまいます。
これはどこの歯科医院でも同じはずです。

こんな状況を何とかしようと思って昔、割れた歯の再接着を自分で文献を調べて行った時期もありましたが、治療成績たるや散々な結果でした。
それからもう7〜8年は割れた歯の再接着を止めてしまったのですが、このテーマに長年取り組まれ、近年は非常に良好な治療成績を上げられている、北海道大学の菅谷勉先生のセミナーに先日参加してまいりました。

以前私が行っていた時期にもすでに菅谷先生の名前は出ていたのですが、それからの膨大な基礎研究・臨床データの蓄積による診断や治療手技の進歩は驚くほどで、かつて散々な結果だった時の治療から比較すると、相当洗練されたものに仕上がってきました。

早速しばらくの間、復習と練習をしたのちに、当院でも割れた歯の再接着、近々導入しようと思います。

| seiji0024 | むし歯治療 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ