blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 糖尿病の気軽で安全な食事療法 | main | 安全にできるようになった上あごのインプラント >>
スタッフ全員に求められるディズニーの精神

多くの方を魅了するディズニーの世界、ランドやシーへ行かれた方も多くいらっしゃるかと思います。

このディズニーはどうして老若男女を問わず多くの人を楽しませることができるのでしょうか?

それはテーマパークを通じてすべての来客に対してハピネスを提供するために、スタッフがすべての業務においてホスピタリティーの精神をもって取り組んでいるところに尽きるかと思います。

でもこれって、別にテーマパークでなくてもスーパーや小売店、もっといえばお役所や金融機関、我々のような医療機関にもこんな発想が必要なのではないでしょうか?

では我々医療機関にとって来られる患者さんすべてにハピネスを提供していくには何が必要でしょうか?豪華な内装、過剰な人員による手厚い応対、ゆとりのある対応時間、確かにこういったことを行えば患者さんの満足度は上がるでしょう。しかしこれらはすべて多大なコストがかかり、経営努力だけで捻出することなどとてもできません。
では高い治療費を払う人だけ診ればいいのか?、それも違います。我々歯科医師は元来、歯科医院に通っていただかなくてはいけない大多数の未受診層を拾い上げ、地域全体で健康増進に取り組む中核になるための努力をしないといけないのに、それでは逆行してしまいます。

そこで登場するのがホスピタリティーの精神です。一人ひとりが患者さんやチームを思いやるようになると、自分を縛っていたものを解放しだします。

たとえば
歯科医師の例、「自分はインプラントを専門に勉強してきた。だから入れ歯なんか触りたくもない。」
歯科衛生士の例、「私は有能な歯科衛生士だからメインテナンス以外の仕事はだれか他の人がやってちょうだい。」
こんな話は実際に歯科医院でよくある出来事です。

でも我々医療機関もすべての患者さんにハピネスを提供するためにホスピタリティーを持った業務を行うという理念があればこんな考えにはならないのではないでしょうか?

ハピネスを提供するためには良質な医療を提供するための技術や設備だけでは足りません。
患者さんやスタッフとのコミュニケーション能力も大事です。そして何より日本人が古来より持っているおもてなしの精神、大切にしていきたいです。

ディズニーではテーマパーク内に塵ひとつ落ちていないのをお気づきになられている方も多いと思います。それはカストディアールという清掃部門の人員を手厚くしてあるのも確かですが、それ以上にアトラクションや売店担当など清掃部門以外のキャスト(スタッフ)も常に汚れていないか気を配り、気づいたらすぐに自分の手で清掃を始めます。

歯科医院でも例外ではありません。院長・勤務医・歯科衛生士・歯科衛生士・歯科助手・受付・清掃員、関係なくこういった姿勢が求められます。ちなみに院長の私もトイレ掃除などしょっちゅうやっています。

そのため当院では不定期にディズニーへの研修旅行を実施しています。日頃の慰労も兼ねているのですが、ただ単に羽を伸ばすだけでなくディズニーのホスピタリティー精神を実感してもらう企画で行っております。

林歯科診療所はこんな理念で日々の臨床を行っています。京都で歯科医師歯科衛生士歯科助手の職を探されて、私が大切にしているホスピタリティー精神、おもてなしの心に共感してくださる方は、是非当院の力になっていただきたいと願っております。

| seiji0024 | スタッフ募集 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/583
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ