blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 一般的に人が入ってくる情報を採用する基準 | main | 違和感がとても少なく手軽なマウスピース >>
オートマチックだけでは上手くいかない

林歯科診療所では年々矯正治療の割合が高くなってきております。
その矯正治療の中で成人の矯正治療に最も多く用いられる方法が歯1本ずつに直接器具を接着させるマルチブラケットと呼ばれているものです。

このマルチブラケットにはストレートワイヤー法と呼ばれるかなりオートマチックに歯を奇麗に並べてくれる方法と、歯の微妙な傾斜や角度に合わせて細かな調整が必要なスタンダード法の2種類があります。

現在の主流は圧倒的に簡便なストレートワイヤー法で、矯正治療の経験が乏しい歯科医師のみならず、エキスパートの歯科医師でも多く用いられております。

私もマルチブラケットを用いた矯正治療ではストレート法を主に使っております。

しかし全てのケースでオートマチックに上手くいくわけではありません。
そういった時にはストレートワイヤー法を使いながらも、マニュアル操作が一部必要になります。

最近、我々歯科医師向けに全くマニュアル操作が不要でも矯正が簡単にできると謳っている研修会を見かけますが、実際に数多くの臨床ではその通りにならないことが多いです。

よって矯正治療を始められる先生はある程度鍛練を積んでから患者さんに実際の矯正治療を提供していただきたいものです。

| seiji0024 | 矯正治療 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ