blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< スタッフ全員に求められるディズニーの精神 | main | 年末年始休業のお知らせ >>
安全にできるようになった上あごのインプラント

京都 下京区 丹波口駅 七条の林歯科診療所ではインプラント治療を行っております。
行っているというものの、大々的にインプラントで売り出している歯科医院と違い、当院はそれほどインプラントを勧めていないので、診療全体からインプラントの占める割合が突出しているわけではありません。

その一方、私が感じている以上に実は多くの患者さんが心の中ではインプラント治療を望んでいることが感じ取れるようになってきました。
ただ、皆様がインプラントに対して、「手術が怖い」、「次から次へ追加料金がかかりいくらお金があっても足りない」、「インプラントが腐って大変な目にあう」、などといったネガティブな思い込みが元来、ご自身でもたれている欲求を覆い隠してしまっていることがしばし見受けられます。

そうであるならば、多くの方が望まれているインプラントをなるべく安全に、なるべくお手ごろにできるよう我々が創意工夫することが必要だと感じるようになりました。

そんな中、先日韓国で非常に多くの方々に安定したインプラント治療を行われているPark Heechan先生の講演を聴いてまいりました。
Park先生は患者さんの自己血液から組織再生能力の高い成分を濃縮して、インプラント治療の応用するPRF(血小板濃縮フィブリン)法を発展させ、今まで安定した治療成績が得られなかった難しいケースでも手術の成功率を上げられます。

これからさらにインプラントの安全性を高め、安定した治療成績が得られていない上あごのインプラントも積極的に取り組まねばと感じているところです。


| seiji0024 | インプラント | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/529
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ