blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 口腔機能水学会に参加しました | main | 摂食・嚥下3回目のセミナーを開催いたしました >>
大切なスタッフとお荷物スタッフとの違い

京都 下京区 丹波口駅 七条七本松の林歯科診療所では現在、歯科衛生士や歯科助手などのスタッフを募集しております。

私は以前より、スタッフの育成や管理に力を注いでいるつもりですが、その中でもっともスタッフに対して重要視していることがあります。

それはごく単純なことですが、
「歯科の仕事が好きか?」
「この職場の一員として誇りに思えるか?」

この2点に尽きると思います。

まず歯科の仕事が好きかどうかですが、
好きな人は自分をさらに伸ばそうとして、多少自分の時間を割いてでも勉強します。
しかもその勉強も集中しているので、よく吸収します。
逆に本当は好きじゃないのに無理してやっている人は、強制されない限り自分の時間を使って勉強することはありません。
仮に強制して勉強させたとしても、居眠りや上の空でほとんど吸収せずに終わってしまいます。
そうこうしていると、スタッフ間でのスキルに相当の差が出てしまい、月日が経つごとにその差はさらに広まり、それが存在感や貢献度に直結してしまいます。

次に自分の職場に対して一員であることを誇りに思えるかについてですが、
大前提として私の運営方針や治療内容などに共感する人は、チームを大切にするために自分はどう振舞うべきか、強制しなくとも自ら思いついて行動してくれます。
こういうスタッフは私にとっても患者さんにとっても真のパートナーでとても大切な存在です。
時折、私と意見の相違が生じた場合でも、チームをよくするためにという私と共通の目標があるので、即時に話し合いお互いの意見をすりあわすことができます。
またスタッフ自身が自分にとって大切な方を歯科治療で当院を紹介してくれることも多々あります。
逆に私の運営方針や治療内容などに批判的なスタッフは、チームのことより自分の権利を主張します。
こういう人は内心患者さんに対して「この歯医者のどこがいいの?」と思っており、その心理がそのまま業務にも表れてしまいます。その結果として、患者さんの気持ちを害することをしてしまいます。
無論、自分にとって大切な人を歯科治療で当院に紹介することもありません。

この2点のマインドだけで本人の仕事ぶりは大きく変わります。
チームにとってプラスのマインドをもっている人は、自身のスキルアップも自覚できるためやりがいもさらに増すだけでなく、大きな貢献も残すので給与などの雇用条件もみるみるアップしていきます。
チームにとってマイナスのマインドをもっている人は、毎日同じことの繰り返しのマンネリでかえってチームを害することもあり、たいした貢献もないのでいつまで経っても雇用条件がよくなることはありません。

是非、当院のスタッフを志す方は以上のこと、ご一読ください。

| seiji0024 | スタッフ募集 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ