blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< マウスピース矯正の応用編 | main | 摂食・嚥下のセミナー、4回目を開催いたしました >>
実現可能な歯の再生についての考え方

京都 下京区 丹波口 七条の林歯科診療所 院長の私は、大学で一時研究生活に没頭していた時期があります。
そんなこともあって、平均的な歯医者さんと比べると、今でも世界最先端の医学研究にはとても興味があって、こういった話題になるといつもワクワクしております。

そんな中、先日私の母校 日本歯科大学の同窓会で歯の再生に関する講演がありました。
講師には日本歯科大学教授の中原貴先生で、ご自身が京都大学再生医学研究所と共同で研究されている歯の再生に関する情報提供でした。

この中で中原先生が強調されていたのが、一時の話題づくりのためだけの研究であってはならない。研究は常に将来の実用化に向けて役立つものでなくてはならないとのことでした。

そして中原先生が構築された歯の再生システムはいくつか特徴があります。

実際には採取不可能な歯胚(歯の種)細胞ではなく、親知らずから容易に採取できる歯根膜細胞を使う
異種動物を介さず、試験管から直接自身の体内で培養する感染症に対し安全な培養システム
その培養で用いる培養液や足場となる材料は入手容易なものを使う

といった、最初から臨床応用を相当意識した姿勢で研究に当たられているところがひしひしと感じられました。

| seiji0024 | 研究開発 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://hayashi-shika.jugem.jp/trackback/516
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ