blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 口腔機能水学会に参加しました | main | 林歯科の治療体系に興味ある方、大募集です >>
小児矯正治療のバリエーション

京都 下京区 丹波口駅の林歯科診療所では小児を中心に矯正治療を行っております。
元々当院の矯正治療は、予防歯科をベースで行っているに当たって、歯並びによって避けられない虫歯や歯周病に悩まされたり、せっかく歯を大切にするために予防歯科を行っているのに矯正治療のために健康な歯を抜かなくてはならないといった矛盾に対して、現状から少しでも改善するためにやっております。

そもそもは矯正専門医のところに全例紹介していたのですが、あまりに治療費が高額で矯正を断念する方が非常に多く、それも当院が矯正治療を進める大きな理由となっております。

当初は床矯正からごく限られたケースにのみ矯正治療を行っていたのですが、そのケースで治療を受けた保護者の方が、続々と別の子供を紹介してくださるようになりました。

その結果、今までの自分ではお断りしていたケースもできるようにならざる得ない状況になってきました。

それからはひたすら矯正の勉強をするようになりました。正直、教わるためにいくらお金も時間も費やしたかわからないくらいですし、今もそんな調子でやっています。

そんな中、先日宮城県でご開業の千葉充先生によるセミナーに再び参加してまいりました。
前回の叢生(スペース不足)のメインテーマに引き続き、今回が下顎前突をメインテーマに習ってきました。今まで私は下顎前突の早期治療に対してはムーシールドという装置での治療法を行っていたため、自分が対応できるケースがすごく狭かったのですが、このたびの研修で下顎前突に対する対応がさらに広がりました。

| seiji0024 | 矯正治療 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ