blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 大切なスタッフとお荷物スタッフとの違い | main | 長年対処に苦慮している強い噛みしめ >>
摂食・嚥下3回目のセミナーを開催いたしました

京都 下京区 丹波口駅の林歯科診療所 院長の私は、歯科医師会の中で多くの役職を掛け持ちしているうち、下京区の歯科医師会で地域連携や公衆衛生活動の責任者を行っております。

その任務の一環として医療・介護従事者向けに摂食嚥下のセミナーを4回企画し、今回がその3回目
でした。
今回は、早くから先進的に摂食嚥下に取り組まれ、全国の医療機関がお手本にしている浜松の聖隷三方原病院の訪問・看護相談室の藤森まり子様に、日々行われている摂食嚥下に対しての取り組みをご紹介いただきました。

この先進的な取り組みをしている聖隷三方原病院にあって、摂食嚥下に取り組んだ当初から積極的に活動されているだけあって、非常に生きた知識として参加された受講者の頭の中に残ったのではないかと思います。
私も早速訪問診療の現場で役立てたいと思います。

元々藤森様がいろんなところでお話されているのを調べて、何の面識も無いのにいきなり電話をしたにも関わらず、快くお引き受けいただきとても感謝しております。

私が歯科医師会で担っている役割、正直かなり負担の多い担当ですが、このように普通に診察室にこもっているだけだと知り合いになれない方と今回のようにご縁ができることで、やりがいを感じているところです。


| seiji0024 | 訪問診療 | 05:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ