blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 診察時間変更のお知らせ | main | 実現可能な歯の再生についての考え方 >>
マウスピース矯正の応用編

京都 下京区 丹波口駅の林歯科診療所では主に小児の矯正治療を行っておりますが、大人の方でも比較的簡単に済むケースはさせていただいております。

よくこの1〜2本だけ歯並びがどうにかならないか?、といったニーズは多数あります。
そういったケースでは今までリンガルアーチやリンガルボタンと呼ばれる装置を使い、ちょっと手のかかる治療を行っておりました。

しかし最近、自作のマウスピース矯正導入してからはこちらで行うことが多くなってきたのですが、マウスピース矯正の欠点として、一装置がカバーできる歯の移動量が少なく、目的を達するまでにいくつも装置を作り直さなくてはならないことが多く、ケースによっては結果として時間と手間があまり解消されませんでした。

そんな中、先日マウスピース矯正を教えていただいた東京都でご開業の富岡直哉先生による、マウスピース矯正の応用編のセミナーが開催され、受講してまいりました。

今までと製作手順を変えたりワイヤーを併用するなどして、従来のマウスピース矯正より応用が利くようになりました。
また移動量の大きなケースであっても装置をいくつも作り直す手間が解消され、患者さんにも負担が少なくなりました。

当院では早速この新しいシステムを導入しております。
ちょっとした歯並びが気になる方は、是非ご相談ください。

| seiji0024 | 矯正治療 | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ