blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 患者様と長くお付き合いできる医院作り | main | 粘膜疾患やドライマウスについての対応 >>
歯科衛生士が主役の姿勢治療

京都 下京区 丹波口駅の林歯科診療所では顎の不調を訴えて来院される方が多くいらっしゃいます。

この顎関節症という病気は急に発症して、急に治るものでは決してありません。
あまり自覚しないまま徐々に悪化していき、治療をはじめてから何年もお付き合いせねばなりません。

一方、当院ではご来院いただいている患者様の全員、定期的に予防歯科で通っていただいております。
その中に顎関節のフォローも組み込んでいるため、私だけでなく歯科衛生士のスタッフの働きがとても重要になります。

そんな中、先日静岡県でご開業の川邊研次先生による姿勢のセミナーの2回目が行われ、主にスタッフ向けの内容で、私と歯科衛生士の三浦・櫻井の3名で2日間、みっちりと受講してまいりました。

どれも日々の臨床でもう少しこうなれば、と思うところに手が届くような内容で早速当院でもこの内容を取り入れていこうと思います。

| seiji0024 | 顎関節症 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ