blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 大災害時にこそ求められるプロとしての覚悟 | main | 医療人として必要な放射線に関する知識 >>
患者様やスタッフとの強い絆作り

京都 下京区 丹波口の林歯科歯科診療所では生涯通した口腔の健康を増進するために、予防をベースとした診療体系を取っております。
この予防をベースにした歯科医療を実践するからには、「痛いから来た」、「取れたから来た」という来院動機の方ばかりでは当然無理です。
最初はそういった動機で来院された方であっても、歯科予防の大切さや必要性を丁寧に説明することによって多くの患者様がその後は定期的に受診されております。

こういった取り組みでまず必要なことが、スタッフ全員が同じ考えや方針を持って患者様に接することです。
一人ひとり言うことがバラバラではかえって患者様に誤解を招くだけで、歯科予防の大切さをお伝えすることなどできません。

その次に必要なことが、スタッフが患者様に対して真心をもって真摯に接することです。
歯科予防の大切さについて同じ言葉で説明しても、他人行儀にお話しするのと親身になってお話しするのでは全く伝わり方が異なります。

このようなケースは一例にしか過ぎませんが、ここで大切なことは「院長」と「スタッフ」それと「患者様」、この三者間での強い絆作りが重要です。

今回、この絆作りについて数多くの経営アドバイザーをされている坂元ひろあき様による講演を受講し、学んでまいりました。

自分自身、この点においてはすごく気遣いしているつもりでしたが実際に受講して、相当不十分なことがわかりました。
まずは少しずつ、自分から変えていこうと思います。

| seiji0024 | ひとりごと | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ