blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 骨粗しょう症のお薬にご用心 | main | 新型の耐性菌感染症について >>
床矯正の続き

京都 下京区 丹波口駅 七条の林歯科診療所では、特に子供を対象に床矯正治療を行っております。

この矯正治療、床矯正のみで終えることができれがご本人の苦痛や経済的負担が少なく、我々も楽ができるのですが、治療開始時期がすでに手遅れであった場合など、この床矯正だけで治療をフィニッシュすることが難しくなる場合があります。

その場合、どうしても大人の矯正で用いるマルチブラケット法と呼ばれる矯正装置を直接歯にくっつけて、多数の歯をワイヤーで動かすことが必要になってくることが多くなります。

そこで当院では数年前より、このマルチブラケット法を実施できるように、着々と準備をしていたのですが、いよいよ稼動させられる状態となりました。

ただ、現在この方法は院内では院長の私一人しか把握しておらず、これでは実際に多くのケースをこなしていくには非常に心もとない状態です。

こんな状況から、マルチブラケット法の作業をスタッフにも分担してもらえるようにするため、先日東京まで、私と当院の歯科衛生士 三浦と床矯正で有名な東京でご開業で床矯正研究会 主幹の鈴木設矢先生の講義・実習を受けてまいりました。

すでにマルチブラケット法による矯正治療は行っているところですが、あまり数をこなせないのでおおっぴらにはしておりません。

今後、自分はもちろんのことスタッフのスキルアップにも尽力して、円滑に行えるようになった時点で改めて皆様にこのマルチブラケット法を紹介させていただこうと思っております。

| seiji0024 | 矯正治療 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ