blog index

林歯科診療所

京都の歯医者林歯科診療所 院長日記
<< 根管治療における最近の潮流 | main | 歯の神社 >>
ドックベストセメントの反響
京都・下京区・丹波口駅・七条の林歯科診療所では3年前の開院以来、歯の神経をなるべく保存するため、ドックベストセメントという材料を用いて歯髄保存療法を行っています。

しかし保険適応でないこともあって、そんなに頻繁に出る治療法ではございませんでした。
今から思えばこちらの説明不足もあって出なかったものと反省をしておりますが・・・

そんな中、先日全国ネットでこのドックベストセメントを用いた治療がテレビで紹介されました。
それからというもの、連日当院にも電話の問い合わせが多数あり、とても驚いております。

よくお話を伺うと、元々ドックベストセメントの適応でなかったり、保険診療で受けられると勘違いされていらっしゃる方も多く、多数お問い合わせいただいたうち実際に私が治療を担当させていただいているケースは一部にとどまっております。

以前も、テレビ放映によってレジン治療や顎関節治療などが全国ネットで紹介され、瞬間風速的に多数の問い合わせを過去に頂いたことがあります。

しかしこういったマスコミによるブームはさほど長続きしないものです。
おそらく今月中にはこのドックベストセメントのブームは過ぎ去るものではないかと思っております。

ただこのドックベストセメント、きちんとマニュアルを守って使うと、今までの治療法と比較してとても安定した成績を収めることが実感できております。
| seiji0024 | むし歯治療 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ